学校歯科検診と不正咬合について/安心して任せられる矯正歯科オハナ町田矯正歯科

query_builder 2021/05/10
ブログ

学校歯科検診は毎年6月30日までに実施されます。

 

歯科健診では虫歯以外にも、①歯列・咬合・顎関節、②歯垢の状態、③歯肉の状態という3項目を調べています。

最近は、歯列不正でひっかかる児童の方が増えてきたような気がします。軟らかい食事のせいで、顎の発達が悪くなりつつあるのかもしれません。今後、小さな顎に歯がキレイに並ばない児童はますます増えることが予想されます。

 

歯科健診の結果で、歯列・咬合の問題が指摘されている場合、かかりつけの歯科医院や矯正歯科医院に相談する必要があります。不正咬合は単なる見た目だけでなく、放置してしまうと将来に虫歯や歯周病にかかる危険性が増してしまうからです。

 

学校からもらってきた検診結果に“不正咬合(歯並びに問題がある)”と通知されたら、あわててしまうかもしれません。しかし、今すぐに矯正治療を始める必要があるかと言うと、そうともかぎりません。成長期の不正咬合は、その症状によって最適な治療開始時期が異なるからです。すぐに治療が必要でない場合は定期的に通院し、最適な時期がくるまで様子をみていくことになります。

 

ご相談の結果、治療開始が決まれば、精密検査へと進んでいくことになりますが、すぐに治療開始とならない場合は、乳歯から永久歯の交換状態を、半年~1年間隔で観察していくことになります。

 

いずれにしても、まずはそれぞれのお子様にあった正しい情報を得ることが一番大切です。できれば矯正歯科専門の先生に直接相談するのが理想的です。


どんな些細なことでも、ご相談いただければと思います。

NEW

  • 子供の矯正のメリット・デメリットについて 町田・相模原で矯正歯科をお探しの方へ

    query_builder 2021/06/14
  • ハーフリンガル矯正について 町田・相模原で矯正歯科をお探しの方へ

    query_builder 2021/06/04
  • 学校歯科検診と不正咬合について/安心して任せられる矯正歯科オハナ町田矯正歯科

    query_builder 2021/05/10
  • 矯正治療と抜歯について/安心して任せられる矯正歯科オハナ町田矯正歯科

    query_builder 2021/05/03
  • 大人の矯正治療について/安心して任せられる矯正歯科オハナ町田矯正歯科

    query_builder 2021/04/30

CATEGORY

ARCHIVE