大人の矯正治療について/安心して任せられる矯正歯科オハナ町田矯正歯科

query_builder 2021/04/30
ブログ


大人の矯正治療について

矯正に興味のある方の多くから、何歳まで矯正治療はできるのかという質問をよくいただきます。矯正治療はいくつになっても治療を開始できますのでご安心ください。

大人の矯正治療は子どもと異なり、最初から永久歯全体に装置を付けて治療することが多いです。

治療内容は人によって異なりますが、歯を抜かないで治す治療と、歯を抜いて治す治療とがあります。どちらの治療も期間は人により様々ですが、だいたい2年半~3年くらいになります。

また、部分的な矯正治療も対応可能なことがありますので、ご相談いただければと思います。

 

大人の矯正のメリット

・虫歯や歯周病のリスクを軽減させる。

大人の矯正治療は、歯並びや噛み合わせを正しく整え、見た目と機能を改善することが目的です。歯並び・噛み合わせが正しくなると、汚れが溜まりにくくなる上に歯磨きがしやすくなり、むし歯・歯周病を予防できます。その結果、歯の寿命を延ばすことにつながります。

 

・見た目のコンプレックスを解消できる。

歯並びがきれいになると口元に自信が持て、長年のコンプレックスも解消できます。自然に笑えるようになるなどメンタル的にもよい効果が生まれます。

 

・タイミング

大人の矯正治療はいつでも開始することができます。子供の矯正の場合は、歯の生え変わり時期や成長過程に合わせて最適なタイミングがありますが、歯の成長が完了している成人の歯列矯正にはそのようなことはありません。ただ、早くはじめればその分早く歯並びが改善されることは確かです。

 

大人の矯正のデメリット(注意点)

・矯正中は虫歯や歯周病のリスクが高まる。

ワイヤー矯正の場合、歯の表面に装置がつきますので、歯磨きがしづらくなります。そのため、より一層ブラッシングを丁寧に行わなければなりません。もし十分なお手入れができない場合、虫歯や歯周病にかかってしまうことがあります。

 

・食事が不便になる。

ワイヤー矯正の場合、食べられるものが制限されたり、歯が動く際の痛みで食べにくくなったりすることがあります。

 

・歯茎下がりや歯根の吸収が起こることがある。

矯正治療で歯の重なりがなくなった場合、歯茎が下がったようになることがあります。また、歯を動かす際に無理な力がかかった場合に、歯根が溶けたように短くなってしまうことがあります。

 

使用する矯正装置

生活環境、治療期間、治療予算に合わせて、ご自身にあった装置を選ぶことができます。

※症状によっては、ご希望の装置を選択できない場合があります。

利用する矯正装置の種類

・マルチブラケット(表側、裏側)

・マウスピース型カスタムメイド矯正装置

 

治療期間

歯を動かす期間は平均2~3年です。

さらに保定に2~3年必要となります。

 

歯列矯正を検討している方、歯並びが気になっている方は、一度矯正専門の歯科医院で相談してみることをお勧めします。


NEW

  • 子供の矯正のメリット・デメリットについて 町田・相模原で矯正歯科をお探しの方へ

    query_builder 2021/06/14
  • ハーフリンガル矯正について 町田・相模原で矯正歯科をお探しの方へ

    query_builder 2021/06/04
  • 学校歯科検診と不正咬合について/安心して任せられる矯正歯科オハナ町田矯正歯科

    query_builder 2021/05/10
  • 矯正治療と抜歯について/安心して任せられる矯正歯科オハナ町田矯正歯科

    query_builder 2021/05/03
  • 大人の矯正治療について/安心して任せられる矯正歯科オハナ町田矯正歯科

    query_builder 2021/04/30

CATEGORY

ARCHIVE